スポンサーリンク

刈り上げ坊や。ノーベル平和賞か?

アメリカと北朝鮮の首脳会談が始まりますね。

歴代のアメリカ大統領は北と直接対話はしないと言い続けてたと思うのですが。

つい数ヶ月前までは核実験やロケット発射で威嚇を続けて、3ヶ月ほど前に手のひら返しで、穏和ムードの演出。

決して下手に出ずに、世界最強の国を手玉にとる刈り上げ坊やの外交手腕。お見事。

北の後継者になった時は反対派など沢山いただろうが、粛正など強硬な手段を使って、現在は北を完全に掌握したんだと思う。

韓国や中国などとの首脳会談の映像は相手国は5、6人だが、北は金正恩のみが多い。

マジに30そこそこで独裁体制を確立してる。

アメリカも、そのまま安定した独裁体制を維持させた方が良いと判断したんだろう。

中東で過去にアメリカがとったのと同じ手法だな。

 

この様子では朝鮮戦争の休戦を終戦にするのは既定路線のように思えます。

すると、何が起こるか!!

 

もっとも相応しくない2人が、

トランプ大統領金正恩氏のふたりが

 

ノーベル平和賞に選ばれる。

ほぼ間違いなく!

 

だけど、中東で独裁体制を支援してきたアメリカ。

独裁体制に陰りが見え始めたら、手のひら返しで反政府派を支援して政権を崩壊させたジャスミン革命、アラブの春。

同じ事を繰り返さねば良いが。

コメント

  1. deefe より:

    戦争ふっかけて、やっぱやめたすれば誰でも取れる簡単な賞ですってか
    困ったものだなあ

    • たなおtanao より:

      まぁ、半島が平和になるのは我が国にとっても良いことだと。
      しかし民主化は遠のき独裁体制は続きますね。かの国が民主化したら、いろんなことが良い方向に変わるでしょうけどね。

タイトルとURLをコピーしました