スポンサーリンク

太陽の光は人の心を浄化させてくれないか

昨日は不安定な天気だったけど今日は快晴のようで。

瀬戸内海を眺めにお山へ

気温は20℃程度と暑いから汗が噴き出してくる。

既にかなり日焼けをしてしまってる。今更、日焼け止めを塗っても意味ないよね。てか、汗をかくから何度もタオルで顔を拭くから日焼け止め塗っても意味がないよなぁ。

20代30代の頃はほとんどアウトドアをしなかったし、遊びといえば夜の街ばかりだったんで、色白だったんだよね。女性からも色白で羨ましいとか言われていたんだけど、今はあの頃の面影がないかも(笑)

太陽光を浴びるのは、健康に良いという話やダメだという話とか聞くけど、どっちなんだろう?

だけど精神衛生上は陽の光を浴びるのは良いんじゃないかな?

ジメジメした考えの奴っていつも陰気な暗闇にいる気がするし、、夜行性の人ってあまり良いイメージがないよね。職業差別かもしれんけど、、

かと言って太陽の光をふんだんに浴びている人は健全な心の持ち主ばかりかといえば、そうではないしね。

音声の隠し撮りをし、世話になった人を嘘つき呼ばわりし、自分の都合の悪いことは誤魔化しまくるクソ人間の小室なんとかも海の王子だったとか、、

太陽の光を浴びても腐った根性の浄化はできないようで。

私の歪んだ根性も太陽光だけでは浄化してくれないのかな?山だと古代から神の住む地と祭られて入るから、神の力と太陽の力のダブルの効果になるから真人間になるつつあるんじゃないかなと思ってるんだけど(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました