スポンサーリンク

惨めにならずに自分を終わらせる権利

昨夜は知り合いとの飲み会。いやー飲みすぎました。飲みすぎたらロクなことをしないのはなんでだろう?

いつもは奢ってもらってるんだけど、何故か酔って気持ちが大きくなって清算の時にクレジットカードをサット出すという愚行をしてしまった。私の1ヶ月分の食費に匹敵する金額がたったの3時間で消えてしまった。

その上、今日はちくっと二日酔い気味で何にもしたくない症候群に

山に行って汗かいて酒を強制的に抜こうとも思ったんだけど、それも面倒な感じ。ウダウダな1日に。YouTubeとTVerとAmazonプライムで時間を潰し、飽きたからマンガ図書館へ行ってウダウダ。帰りにイオンでお酒を買って迎え酒したんで元気を取り戻す。

 

ふと思う、私って何歳まで生きるのかなと?天涯孤独で年取ったらどうすればいいのか?

病気になって寝たきりとかでも生きていたいのかな?

人生100年時代とか、バカみたいな標語を並べてるけど、100歳で自活してる人っているの?

多分、殆どの老人が80歳程度で施設に入ることを考えてるんじゃないかな?

前にもかいたけど。年取って自分で自活生活ができなくなる前に、自決する権利があっても良いんじゃないのかと。

高齢化社会と言うけど、苦しまずに楽に眠るように自死できる施設を作っても良いと思う。いや、作って欲しい。

自分が認識できるウチに、ヒトの世話にならないと生きていけない状態になる前に、自分らしく尊厳死をしたい。

まぁ、エセ正義マンが増殖してる今の日本だと、そんな法律は絶対にできないだろうなぁ。

なら、自分でその方法や手段を元気なうちに用意しておいたほうが良いかと思ってる。

綺麗に苦しまずに自分を終わらせるのは、絶対に必要な権利だと思う。

まあ、私の場合のその時は30年以上先の事だと思うけど、病気とか怪我とかで、早まる事はあり得るからね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました