スポンサーリンク

権力と闘う正義の味方が現れたか?

日曜日の今日は天気はそこそこ良い感じだけど、朝から何にもしたくない気分。

山に行こうかと思いながらも、何にもしたくない気分が優先して引きこもりに。

VRゴーグルでamazonプライムの海外ドラマでアウトブレイクを一気に観てみた。カナダで感染症が発生してそれを封じ込めようとする感染症専門医やその周りの人間模様などをドラマにした話。なかなか面白かった。

で、次にアウトブレイクというのを見始めた。こっちはニューヨークのど真ん中に全身に犯罪のヒントが書き込まれたタトゥーの美女が記憶喪失で現れて、FBIがその美女と共にタトゥーの謎を解明しながら犯罪を暴いていくという話。これはワンシーズンが20話以上あってそれがシーズン5まであるから先は長いかな。

アメリカドラマは金かけてるから映像なんもすごいく迫力が映画並みだよね。アメリカのケーブルテレビ局のHBOが作ったドラマなんかは特に凄かった。ゲーム・オブ・スローンズは映像もストーリーもスケールが壮大。一話あたり10億円ほどかけたらしい。映画以上だよね。

ネットフリックスが制作したドラマなんかも日本のテレビドラマが足元に及ばないほどの金をかけてるからね。まぁNHKは金が有り余ってるから大河ドラマとかは金かけてけどね。

やはり視聴者から金を集める会社は資金力が強いよなぁ。NHKは強制徴集でつまらない番組を作っても平気だけど、アメリカのケーブルテレビ局のHBOとかネットフリックスとかはつまらない番組を作ったら客が減って収入がなくなり死活問題になるから、良い作品を作るのに必死だから、当然人気は高まるよなぁ。

そーいやー選挙でN国党はどうなったんだろうか(この記事を書いてるのは19時なので選挙結果が出る前)

NHKの受信料に口を出した自民党議員は全てなんらかのスキャンダルが出てきたりして政治生命を潰されてるんだよね。最近では政治家じゃないけど内閣参事官だつた高橋洋一さんが、NHK改革でニュースだけにしてバラエティーとかはCM取るなりして独自財源にしたら受信料300円程度が妥当だと発言したけど、その数か月後には参事官を辞任させられてたよね。

NHKの政治への影響力、ホント怖いわ。

N国党がウダウダ言ってもハエが飛んでる程度だから気にしてないけど、自民党や立憲民主は面と向かってNHK改革とか言えないんだろうなぁ。間違いなく潰されるからね。

これが民主主義と思い込んでいる国の国営放送なんだよなぁ。

マスコミって権力の監視人だとか言ってるけど、実際は自らの利権を維持するために必死なんだよね。

誰がそれを監視するんだ?

異を唱えれば潰されるから誰もできない。

 

今の自民はちょっとなぁと思ってる人は維新に投票するだろうから、維新がかなり議席を伸ばすんじゃないのかな。ちなみに私も比例は維新に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました