スポンサーリンク

不審者は不審者オーラが出てるものだね。

火曜日の今日はちょい寒い感じだそうだけど、うちの中にいたらよくわからない。

とりあえず海沿いの宮島の対岸にある極楽寺山へ。登山口で5℃程度で山頂あたりでは1℃ほど。山陰になるキャンプ場の方では雪が3センチほどでまだ誰の足跡もない。誰も歩いてない雪道を歩くのはなんだか嬉しいんだよね。

初物を楽しんで、キャンプ場のある蛇の池(じゃのいけ)の東屋でお昼ご飯。

雪だけど、積雪3センチじゃぁ雪遊びはできないよなぁ。

じっとしていても寒いだけだから、お昼を食べたらそそくさと下山へ。

今日はなぜか登山者駐車場がほぼ満杯で一台分だけ隙間を見つけて駐車したんだけど、隣に停めてるヤツが変な感じのオッサン。

年齢は60歳前後かな?なんとなく汚らしい感じのオッサン。登山をする感じでもないし、、車もところどころにコスリ傷があるんだよね。

私が停めてから山に登って下山しての2時間半経っても、まだ車の中に居る。カーナビをいじっているようだけど、エンジンをかけてないし、、、

この登山者用の駐車場は高速道路の宮島サービスエリアの裏側にあって、車はサービスエリアの中には入らないようになってるけど、人は自由にサービスエリア内に入れるんだよね。私も登山後にトイレを借りたりしてるんだけど、そのオッサンはココに住んでるんじゃないのかという気がするんだよ。

いわゆる車乗生活者ってヤツなんじゃないかなと。道の駅とかで何泊もしてたら通報されるだろうし。この登山者用の駐車場ならサービスエリアのトイレとかは使い放題だし、管理者がいるわけでもないから、何泊でも泊まり放題なんではと。

だけど、ひと目で怪しい人だと思えるから誰か通報したりするんじゃないかな?この山の登山者は特に山頂にお寺があるためか、年配者が多いからね。私の思い込みだけど年配者って不審者に敏感なんじゃないかな?他人に興味を持たない私でも、ひと目で怪しいヤツだと思うくらいのオーラを出してたからね。

キズだらけの車に乗ってる時点で不審者だと思えるんだよなぁ。

私の車も目立ったキズはないんだけど、冬場で汚れ放題。この時期に洗車しても、すぐに汚れるからと洗車してないんだけど、綺麗にしとかなきゃと思ったり。

人は見た目で、見知らぬ他人を判断するんだよね。怪しいヤツは怪しいオーラを放ってるしね。

もしかして私もオーラが出てるのかと、気になったり。。

こんなふうに、その人が不審者確定のように書いたけど、あくまで私の主観ですから。もしかしたら、ものすごく立派な御仁なのかもしれない、、、

コメント

  1. deds より:

    車上生活はコスパ悪いけど、その人たちはよく金が持つなあ
    金持ちなんじゃないか?

    • たなおたなお より:

      なんかで居られなくなって逃げてるんじゃないかな?犯罪とか、やばい筋から追われてるとか、、ホント金はどうしてるんだろ?
      西田敏行が転々と車上生活する映画で”星守る犬”というのがあって、最後は山奥で死んでたんだよなぁ。それを思い出したよ。

タイトルとURLをコピーしました