スポンサーリンク

昼から酒を煽って自己正当化ばかりしてるクソ人間

土曜日の今日は何にもしたくない症候群の日。

9時過ぎまでベッドから出れずにいて、起き出してもボケーとしてるだけで、昼前にお腹空いたからお買い物に出て、昼からワインを一本空けてからの、図書館で借りてきた本を読もうとしたけど昼寝という寝落ち。

見事なクズな1日ですわなぁ。

我ながら、だんだんとクズ率が高まってるような感じがするよ。

人は働かないとクズになっていくのだということなのかな。

クズな生活をしてる言い訳なんてなんとでも言えるんだよね。今なら広島はオミクロンが流行ってるから自粛で外に出ないようにしてるんだよ。偉いでしょ!ってね。

だけど、自分自身ではそんなのは自分を誤魔化してるだけでしかないことがわかってるから、自己嫌悪に落ちて、さらに酒を飲むだけ。

セミリタイアっていうのは、時たまこんなふうに自己嫌悪に陥る日があるんだよね。私だけかな?

最近は車で走っていて、宅配の人とか工事の人、交通整理の人、子供の見守りで旗持ってるお爺さんとか見てたら、働かずに遊んでばかりの私は申し訳ないなぁと思ったりするんだよなぁ。

他のセミリタイアしてる人のブログ読んでたら、自分は自由でやりたい放題でいいでしょ!自慢の人とか、理屈を捏ね回してセミリタイアの正当性をアピールしまくってる人とか多いよなぁ。

まぁ、今からたったの1000年前の平安時代なら40歳で隠居が当たり前だったし、160年前の江戸時代も50歳で隠居が当たり前だったしで、現生人類のホモサピエンスが誕生してからの20万年を考えると、昨日どころか1時間前までは40歳で隠居が当たり前だったんだから、問題ないよと、、自分に言い聞かせてるんだけどね。

 

 

コメント

  1. deds より:

    あるよ俺も、交通誘導している高齢の人とかみると、申し訳ない気持ちになってくるんだよ。
    でも仕方ない。その人たちも別の事(家族の幸せとか)で幸福を感じているのかもしれないから憐れんだりしたら失礼かもしれないし

    • たなおたなお より:

      憐れんでるんじゃなくて、自分が社会の役になんにも立ってないのに生きてていいんだろうかと、、自己嫌悪に陥る時があるんだよね

      • deds より:

        ありとあらゆる媒体で自己犠牲により他人や国を助けたり役に立っている偉人やヒーローの話を刷り込まれて育つからなあ
        それも致し方ないよ。その内役に立ちたいと思ったときにするのが一番だ。
        無理にやるとお節介にしかならないからな

タイトルとURLをコピーしました