スポンサーリンク

脱水症状寸前。35℃超えはマジやばい

今日は土曜日、35度越えの猛暑日なので山に行くのはどうしようかなと思ってたけど、

他に行くとかも無いし、ここで山に行かなかったら暑さに負ける事になるしと思い

いつも登っている山へ

直登で標高差700mのソコソコきつい山。

今日は暑いので、いつもは水分はスポーツドリンク500mlを一本持っていれば、山頂で半分飲んで下山後に残りを飲むので足りてたんだけど、今日は暑さ対策で水1リットルを追加で用意しました。

登り始めからから暑さで汗が噴き出してくる。

2合目あたりでグロッキー状態。

そういやー去年も暑い日に同じ山に登っていた。去年は暑さで不名誉撤退したんですよ。

その日付を見たら8月4日。今日が3日だから同じことの繰り返しに?

3合目まで行ったら引き返そうかと思いながら、3合目につくと4合目で引き返そうかと、、

だけど、去年不名誉撤退したのが悔しいトラウマとしてずっと残っていたので、途中からはドンだけ休息をとって、ドンだけ時間を掛けても山頂にたどり着こうという思いに。

普段は1時間20分程度で登る山なのですが、今日は2時間ちょいかかりましたが、なんとか山頂へ。

かなり休憩取りましたからね。

汗の量が半端をなく、タオルは何度も雑巾絞りしましたし、靴を脱いだら靴下までも汗ビチョ

水も用意した1.5Lでは足りないくらい。下山までに全部飲み干してしまい、下山後に飲む分が不足したので、帰ってから炭酸水を作ってレモン果汁垂らしてがぶ飲み

マジに脱水症状寸前だったかも。

先週に中国地方最高峰の鳥取県の大山に登った時はこんなことなかったのに。

夏の標高の低い山(と言っても標高800m)の山登りは無理は禁物ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました