スポンサーリンク

天孫降臨の霧島へ。2022正月九州旅4日目

2022正月の九州旅4日目。

道の駅えびので朝を迎えて、向かうのはえびの高原ビジターセンターへ

向かう途中にところどころに雪が残っていて滑りやすくなってる。タイヤはスタッドレスに変えてるので恐怖はなし

ビジターセンターに着いたのが8時前で監視員の方はまだいなくて駐車料金500円は退出時に払ってねという案内が、

登山用のアプリのYAMAPで登山ルートを確認。目指すは韓国岳(からくにだけ)

硫黄の匂いがするなぁと思っていたら、モクモクと煙が上がってるよ

登り始めて1時間10分で山頂到着。

そんなこんなでに険しいやまではなかつた。七合目あたりで出会った紳士と共に山頂へ。その間にたくさんお話をさせていただいて、べんきようになりましたよ。

山頂で神社と分かれて大浪池への縦走へ

木道にも雪がうっすら積もっていて滑りやすいよ

びくつきながらも大浪池へ。大浪池は火口湖。何万年か前に噴火した火口に水が溜まってできた池らしい。日本では一番標高の高い火口湖だとか

登山道はずっとうっすらと雪化粧

下山後に、せっかくここまで来たんだからと霧島神宮へ。

霧島神宮は天孫降臨の地。天孫のニニギノミコトを祀ってる。

1月8日の今日でも駐車場は満杯。

お参りの人も多いのにビックリ。やはり神社の中でも別格なんだよなぁと改めて感じた。

霧島神宮を後にして走ること3時間かけて南下、道の駅いぶすきが今夜のお宿。

今日のルート↓

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました