スポンサーリンク

小が大を支配する構造は不安定!歪みが出てきますね

日産のゴーン会長が逮捕されてからかなりたちますね。まだ保釈は認められないよう。検察も国際的な問題になるゴーン氏の身柄を押さえたからには何が何でも有罪にしないとヤバイですからね。

この事件のニュースをチョコチョコ見ていると、ルノーの筆頭株主であるフランス政府が日産とルノーを経営統合して、日産をフランスの会社にしようとしたことから、

日本政府が、かねてからゴーン統治に不満があった日産の生え抜き日本人役員たちに、ゴーン氏に対してクーデターさせたのでしょうね。

ゴーン氏を調べたらホコリまみれで、逮捕できる材料がかなりあったようで、、

しかし、日産が経営危機の時に、当時のニュースでゴーン氏が就任したのは大々的にやってて覚えてるんですが、なぜ日産より規模の小さいルノーに支援を受けたのかが記憶にないんですが。。

やはり、フランス政府の後ろ盾のあるルノーの参加に入ったのはまずかったんでしょうね。

私は、今は日産のジュークに乗っていて、その前は日産エクストレイル、もう一つ前が日産アベニール、さらに前が日産スカイラインと、日産車に20年以上乗ってるんですよね。

だけど、次の車はトヨタのシエンタにしたのは、私が欲しいコンパクトミニバンという車種が日産になかったのもありますが、やはり、これだけゴタゴタしたら日産車を避けたくなったのもあるんですよね。

まだ数値は出てないですが、このゴタゴタで日産の販売数はかなり落ちてるんじゃないですかね。もしも日産がフランスの会社になったら、悲惨なほど落ち込むように思うんですがね。

だけど、フランス政府が、日本政府が考えているであろうルノーに日産株式を子会社から脱却させる33%以下にする事を認めないでしょうしね。

フランスも旧宮家の竹田JOC会長を逮捕するぞという脅しをかけてきたりしますが、

万が一、旧宮家に手を出したら、、、どうなるかは分かってるでしょうね。

 

どこを落とし所にするのが良いのか、日仏両政府とも頭を悩ましてるんでしょう。

だけど、フランスはゴーン切りを決めたようでルノー会長を解任したとか。ゴーン切りは日産への支配力を手放さない布石に見えるが。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました