スポンサーリンク

芸能界とヤクザは昔はズブズブの世界だったが

ここ最近、吉本の芸人さんと非社会的組織の関係が取り沙汰されてますね。

非社会的組織は昔はヤクザ、暴力団を指していましたが、今は半グレ集団や詐欺グループなどの犯罪グループも含まれるのですか。

良くわからないけど、半グレや詐欺グループは暴力団の下部組織で、暴力団員が”面倒見”をしているイメージなんだけど、今は違うんですかね?

で、話を元に戻しますが、

20年ほど前までは、芸人さんや映画俳優さんがヤクザの新年会や宴会、結婚式などに参加するのは当たり前だった時代だと思うんですけどね。

吉本で言えば、マラソンをブームにしマラソンで世界一周したアメマやカイーノなどのギャグのある芸人さん、ヤクザの宴会などに良く呼ばれていた話をリアルに聞いてますし。

俳優さんでは、数年前に亡くなられましたが、若い頃から東映の二枚目スターで、遠山の金さんなどの時代劇で有名で、マグロの一本釣りとかやってた人、彼は何が原因か知らないけどヤクザに命を狙わらたことがあって、それをほかのヤクザの親分が数ヶ月間、自宅で匿って手打ちさせたとか、

上の話は直接の当事者から聞いた話なんで、ほぼ事実だと思うんですが、

何が言いたいかというと、芸人にしろ俳優にしろ、その業界は江戸時代から地域の興行主(大体はその地域の親分さん)が興行を打って集まってきた人達なんで、そちらの世界の方々とは縁が深い職種なんですよね。

プロ野球界も昔はそうだったイメージがありますけど、、

それが、最近は芸能界をクリーンにしなきゃとか、テレビに出てる人だから、一般人(この芸能人が一般人という言い方は私的には他の人を馬鹿にして自分達が偉いと思い込んでいる言い方に聞こえるから大嫌い)のお手本にならないとという言い方がされるようになってきたんですよ。

たしかに、テレビを通じて社会に与える影響が大きいのは確かだけど、

昔って芸人なんて、普通の人から見たら、社会のあぶれ者的で見下すイメージじゃなかったかな?

ようは、ヤクザとほぼ同じような感じだったような。

まだ部落差別の残っていた時代は、ヤクザや芸人は部落出身者か在日の割合が非常に高かったと記憶してるし。

それが、時代が変わって、芸人がニュースの解説や社会を論じるようになり、コメンテーターなんかもして、中には浅はかで間違ったコメントを恥ずかしくもなく言っている人も多い。

そういえば、少し前に建設業界で暴力団との決別を宣言して報復されたりとかそんな事件が続発した時期があったですね。

それの芸能界バージョンが行われてるんですかね。

 

てか、暴力団が運営してた建設会社は今は法令遵守のまともな会社に表面上はなっていますが、

暴力団の息のかかった芸能事務所も多いと言うウワサを聞きますが、どうなんですかね?

 

上記の文書のイメージは私の勝手なイメージですので、悪しからず。

コメント

タイトルとURLをコピーしました