スポンサーリンク

文明と共に失っていったもの

こんばんは、たなおです。

 

今日は快晴の土曜日です。

当然のように山に登って浄化してきました。

多くの登山客がいて、山ではみんな仲間意識が生まれるのか、見知らぬ方とも仲良くお話できます。

しかも、お互いに山に浄化されてますから、とてもさわやかな会話になります。

街中ではありえないことだと思います。

 

何かで読んだ事ですが、

縄文時代までは身分の上下は無かったそうです

みんな平等で貧富もなし。

それが、

稲作が始まってから身分が生まれ、貧富が生まれたとか。

この説は、諸説ありがたくさんある中のひとつだとは思うのですが、

証拠として武器で殺された骨が出ててくるようになるのも、埋葬で身分差が見られるのも稲作以降だとか。

 

人は便利な生活を手に入れるにつれ、人の心を忘れてきたのではないでしょうか?

しかし、近代にはいり、かつては奴隷制をしていた欧米が、考えを間逆に変えて、人間は平等だというようになっています。

が、せかせかした日本社会では、まだまだ平等という認識が遅れているように思いますが、、、

 

山ではみんは心が浄化されてるからか、縄文人の心にもどるのですかね。

押していただければ励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへにほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

ふと思うこと日記
スポンサーリンク
自由になりたくて。セミリタイアへ

コメント