スポンサーリンク

保身のためにオオカミ少年になる

今朝は6時前に雨音で目を覚まし、今日は雨だから日課の朝のウォーキングはお休みだなと思いながら二度寝へ

7時ごろに起きてテレビを付けると、大雨警報で広島市内各地で避難指示が出ているとか、、

避難指示が出てる地名を確認すると、私の家から数百メートルしか離れてない地名もありましたが、私の住む地域は含まれてませんでした。

てか、私の住むところが避難指示になったら広島全市が避難指示だろうけどね。

だけど避難指示の地域を見るとどう考えても大丈夫だろうって所がかなりありましたけど。。

去年の豪雨災害で何十人もの死者を出して行政の避難指示が遅れたとかも問題になってたから、少しの事でも避難指示を出して万が一の時に避難をされないようにという事なんでしようが、

去年の豪雨災害の時は、一週間ほど前から毎日雨が続いて私のブログにも雨には飽きたよつて書いた翌日に、トドメの集中豪雨でしたから、今回とは全く状況が違います。

広島市内で2万人以上に避難指示が出され、100箇所以上の避難所が開設されたけど、避難者は200人程度だったとニュースで出てました。

1箇所につき2人。避難者より職員の方が多かったんでしょうね。

普通考えて避難の必要ないのは誰でも判断できたんでしょうね。200人は去年の災害がトラウマになってる方達でしょうか?

 

何がいいたいかと言うと、行政の発表がオオカミ少年になっていて誰も指示を信じなかったという事ですよ。

本当に危険な時だけにしか避難指示を出すべきで無いと思いますよ。

今日の教訓で、ほとんどの人がオオカミ少年な役所の判断を信じなくなるでしょうね。

非難されないように大袈裟に避難指示を出したんでしょうが、役所がオオカミ少年になる危険性を考えないのか?

役人は自分たちの保身だけな感じがするけど。、

昼には雨も完全に上がったから、朝行けなかったウォーキングへ。

河口でも全く危険性なしですよ。

川の対岸はマツダの本社工場。

コメント

タイトルとURLをコピーしました