スポンサーリンク

2020夏の車中泊旅 2日目-2

鳥取城跡・鳥取県立博物館を後にして、車で10分程で鳥取砂丘へ。天望広場に無料駐車場があると言うことで、そちらに駐車。

そこからは砂丘に降りるリフトがあったけど、歩いて5分で下まで降りた。

降りたら大型の土産物やが連なり、店が運営してる無料駐車場が沢山あるし(笑)

小雨が降る中、傘をさしてだけど、人はかなり多い。みんな砂丘の小高い丘の馬の背を目指してる様だから、私も馬の背に登ってみることに。

雨で砂が重たくなっているから歩きにくい。私はスポーツサンダルを履いていたので砂が入ろうが気にならないけど、スニーカーの人は途中で口を脱いで裸足になっている人も。

コロナのせいだか、雨が降ってるからかで、なんらのイベントもやってないし、ラクダもいないし。砂丘をソリみたいに滑ってる人もいないし。。

人は多いけど、みんな馬の背まで登って海を眺めてから写真撮ってるだけみたい。私もそうだけどね(笑)

砂丘を出たところに足洗い用のシャワーコーナーが用意されていたのはありがたかった。

この後、砂の博物館へ行こうかとも思ったけど、ただ単に砂で城とかを作ってるだけだろうから、まぁいいや、とスルー

 

で、次に古事記で有名なお話、サメを騙して仕返しされた白いウサギを大国主が助けたという白兎海岸へ。

ココは道の駅から歩道橋がある。かなり人気なのか、駐車場はほぼ満車。

↓歩道橋の上から見た白兎海岸。なんの変哲もない海岸だよ。まあ、当然だけど(笑)

更に道の駅の山側にある白兎神社へ。

神社自体は小さいけど、国道沿いの道の駅から来れるので人は多い。

お参りして、御朱印を頂きました。

この御朱印で、二冊目の御朱印帳(出雲大社の)が一杯になったよ。次に行く神社で御朱印帳を買わないと。

 

この後は、国宝の三徳山投入堂へ行こうかと思っていたのだけど、雨のために修行道を登るのを禁止されてるだろうと判断して断念。

また、もう一泊してから伯耆富士な大山登山を考えていたんだけど、翌日も雨の模様なので、今回の旅は一泊のみで帰宅へ

5時間かけての帰宅。

運転時間が長かったから、さすがに疲れましたよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました