スポンサーリンク

日本は政治は三流、経済も三流になり、芸能は四流?

日曜の今日は久しぶりの快晴。

とりあえず瀬戸内の海のパトロールへ

海を眺めながらボーと時間を過ごすのが最近のお気に入り

今日の山読書は”神様に拾われた男”いわゆるラノベの典型の異世界転生の話。

中年男性が死んで魔法のある異世界へ転生して生まれ変わるというやつ。この類のはテンプレがあるように、転生した異世界ではかなり優秀な能力を持って転生して、現代日本での知識で異世界人から一目置かれて、尊敬され出世していくという話。前に書いたけどラノベというのを最近まで読んだことなかったんだけど、転生したらスライムだった件で初めて異世界転生モノを読んで面白かってハマったんだよね。次に本好きの下剋上も面白くてハマってるよ。

だけど、もう異世界転生モノはお腹いっぱい。アマゾンプライムでは異世界転生モノのアニメがかなりたくさん上がってるようで、いくつかを数話だか見たんだけど、、なんで同じようなモノを作るんだろうと思うんだけど、それでも作るということは根強いファンがたくさんいるんだろうなぁ。採算あわないと作らないだろうからね。

一つが流行ればさらに乗っかろういう類似商法なのかな?

まぁ、似たような話を作り続けるのはドラマなんかもそうだよね。俳優さんも変わり映えしないし、ストーリーも前に見たような話が多かったりで初めの数話で脱落するのも多いし、好きな俳優さん目当てで惰性でなんとなく見てるという感じなのも多い。

それでも最近は民放もNHKもドラマばかり作ってるよね。

今作のドラマもいくつかは観てるけど、これといって印象に残るものがひとつもないんだよね。主演の女優さんや俳優さんの癖ばかりが目に着く感じ。

ちょっと前まではキムタクはどんな役やってもキムタクだという感じだったけど、最近なキムタクはなかなか演技が上手くなったという感じなんだけど、今作のドラマの主演の人はほとんど全員がどんな役をやってもいつも同じだよって人ばかり。

日本は政治も三流で、経済も三流になってきてるけど、芸能は四流なんじゃないの?芸能誌格付けチェック的には四流は写す価値無しだったっけ?

日本映画で海外で賞を取ってマスゴミが持ち上げる作品、私的にはつまんないのが多いんだよね。

私の観る目が幼稚なだけなのかな?

コメント

タイトルとURLをコピーしました