スポンサーリンク

体育の日は何のためにスポーツの日に変わったの?

今日は祝日。なんとかマンデー法とかで体育の日が10月10日で無くなってから久しぶりに10月10日の体育の日だなぁと思っていたら、今はスポーツの日に変わっているとか。

なんでそんな改変したんだろうか?もしかして学校の授業も体育というのは無くなってスポーツに変わってるんだろうか?

馴染みのない祝日って有り難みがない感じがするよ、、とか言いながら私の場合は毎日が祝日なんで関係ないんだけどね。

元来、10月10日は晴れの特異日ということで科学的根拠はないけどこの日は晴れることが多いから昔の東京オリンピックの開会式に決まって祝日にされたんだよね。だけど今日は昨日の雨は止んだけど曇り空。

朝起きてベッドからカーテン越しに外を見ても暗いから、何にもする気が起こらない。

で、昨日図書館で借りてきてた本をベッドの上で読み出して、気がついたらお昼寝前だよ。

とりあえず、近くのショッピングモールへチャリで買い物に行ってお酒とアテをゲットして昼からの酒盛り開始。

酒盛りにも飽きてきたら、今度はVRゴーグルかぶって映画鑑賞へ。最近はトム・ホランドの映画にハマってるからスパイダーマンの新シーリーズの3作目?ヨーロッパに旅行するやつを見てみた。

それが終わったら、またベッドへ戻って汗を読んでと、、

旅から帰ってからゆっくり休んでなかったから、体が休めた言ってたのかもしれないなぁ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました