スポンサーリンク

花火大会は、おひとりさまの敵だ!

今日は、広島みなと夢花火大会。
毎年、昼間の暑いなか、場所取りして、お弁当作って見に行っていました。
花火大会はどこからでも見えるのですが、やはり会場の広島港の一万トンバースで観るのが迫力があって感動できるので、有料座席もあるのですがかなり高額ですので場所取りをしに行ってたんです。
会場の一万トンバースは波止場で危険な事もあり、1万人で入場制限されるんです。入場は当日配布されるリストバンドをつけている人のみというシステム。
が、リストバンドは、場所取りしに行った人が参加人数分を確保しておくので、15時頃には配布終了してしまうので、場所取りに行かないと会場には入れないのです。
で、暑い中に場所取りしに行くんですが、朝何時はこのエリアを解放、12時にはこのエリア、という感じで時間単位で解放エリアがあるので、場所取りのための行列ができ、並ぶのですが、解放時間が決まってるので、順番にシートを地面に貼り付けて場所取りのための場所取りをするのです。
で、場所取りが始まると前列から10人単位くらいで入場させて、やっと場所取り完了という。
で、場所取りができたら、今度は弁当作り。
屋台も出てるのですが、花火が始まると、暗い中、ぎゅーぎゅーでブルーシートやゴザで場所取りされてる中で、屋台まで人を避けながら通路まで出るのが大変。しかも、花火大会会場の屋台は特に不味くて高い。
なので殆どの人が食べ物、飲み物を用意してるのです。

去年は最前列を確保できて、花火に感動しました。

が、今年は、おひとりさまの夏。
1人で会場まで行くのも寂しいし。

知り合いの女性が花火大会がなんとかと言ってきましたが、もしかしたら誘ってもらうのを待ってる気もしたのですが、現在、女性恐怖症をコジラセテル私。シラーとスルーして。

花火大会は他のイベントと違い、ドーンと音が届くのです。おひとりさまには知らん顔しようにも。。
で、今年は会場までは行かずに、家から500mの花火が見えるスポットにふらーと行ってみようか程度に考えてました。

おひとりさまには、花火大会ほど迷惑な行事はないと実感。

だけど、昼過ぎに、天候懸念で花火大会中止となったようです。

台風よ、たまにはおひとりさまの為になるんだね(笑)

でも、豪雨災害の被災者にこれ以上災難が起こりませんように

コメント

タイトルとURLをコピーしました