スポンサーリンク

ものの値段はなんなんでしょうね。同じものが所変われば2倍4倍に!

今日、ご飯の用意をするのに卵を割ったら、双子だった。

スーパーの卵で双子が出てきたのは生まれて初めてかもしれない。

前にテレビでやってた記憶があるんだけど、卵の中身が双子かどうかは卵に光か赤外線かを当てたらわかるらしく、双子卵は双子卵として売るらしい。

私の近所のお好み焼き屋さんでは、双子卵だけを使う店がある。双子卵を仕入れているんでしょうね。

お好み焼き屋といっても、関西風の混ぜ焼きじゃなく広島風ですよ。

混ぜ焼きなら双子だろうが混ぜるら関係ないだろうけど、広島では目の前の鉄板で職人が焼いてくれる重ね焼きだから、焼き方を見せるのも店の売りなんでしょうからね。

その店も、昼には待ちがでるまずまずの人気店です。

 

広島市街地では、お好み焼き屋がかなり多いです。

おそらく他県の人の想像ををはるかに超える数の店がありますよ。道を300m歩くと一軒はありますからね。

キャベツ消費量は日本一とか聞いたことがあります。

それぞれのお店がその店なりの個性を持って営業されてるんですよ。お好み食べたら手相を見てくれるなんて店もありましたし。

そう言えば、ちょっと前に秘密のケンミンショーで、広島風は押さえつけて作るとかやってましたが、そんなのは昔な話で、今は押さえつける店はほとんどないんですよ。押さえつけるどころか、最近は空気を入れ込んでドーム型にふっくらとまん丸に仕上げるのが多いですよ。

まあ、テレビでまことしやかに言ってることのかなりの部分が嘘ですからね。

 

また、広島で一枚700円で出してる店が東京に進出して一枚1500円で売ってるらしいと聞いたことがありますが、それでも売れるんだから怖いですよね。

ラーメン屋の一蘭がニューヨークに出した店だとラーメン一杯2500円とか言ってましたね。

なんだか、場所が変わればボッタクリ放題なのか、それとも都会に店を出すとそれだけ余計な経費がかかるから本来の2倍や4倍にしないと採算合わないのか。。

ものの値段て、なんなんでしょうね。

コメント

  1. AE86 より:

    広島市内に住んでいたのでお好み焼きといえば広島の重ね焼きがデフォルトです(^^)
    確かに30年ぐらい前は重ねて焼いて上から押さえて水分を飛ばしていました。
    最近のふっくら焼くやり方だと、コテで切断して食べるときに崩れてしまいます。これはとても食べづらくて困ります。
    東京は箸で食べる人が多いので気にならないかもしれませんが、コテ派は気になります。
    それに、観光客向け価格が高すぎますね。700円が1500円とは。。。
    お好み村も観光客向けになってしまっています。
    30年前は呑んだ後の〆はお好み村でビールでした(笑)

    • たなおたなお より:

      やはり、お好みは鉄板でヘラで食べるのがいいですよね。なにげに近所のおばちゃんがやってる店がおいしかったりしますよ

      • AE86 より:

        ですよねー。30年前はプレハブみたいな店でおばちゃんが営業してましたね。そもそも、お好み焼きのチェーンとかあまりありませんでしたね。徳川とかは知ってますけど。

タイトルとURLをコピーしました