スポンサーリンク

映画版のコンフィデンスマンJP見応えアリ

コンフィデンスマンJPの映画を観てきました。

先日の特別ドラマも面白かったですし期待して見に行きました。

映画は途中まではテレビ版の方が面白かったんじゃないのか?と思えてたんですが、最後の大どんでん返しで、なるほどと、

面白かったですよ。

途中、ジャッキーチェンさんが出てきましたのにはビックリ。ストーリーには関係ない見せキャラでしたけどね。

コンフィデンスマンだけじゃないですが、まずは通しのストーリーを流して最後にネタバレをする。この方式が最近の流行りなんですかね。

カメラを止めるなもこの方式で大ヒットしましたしね。

最後もエンドロールで、あれ?この人出てきたっけ?という人の名前がありまして、マズマズの個性的な大物俳優なので見逃すわけないのになぁと思っていたら、エンドロール後に次回作への前振りっぽい映像で(笑)

だけど、次回作があれば楽しみだけど、そろそろ、飽きがくるきもするしなぁという気も。

しかし、竹内結子がクライマックスでかなり迫力のある演技をされてたので、ビックリ。

そこだけでもかなり見応えありました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました