スポンサーリンク

純真無垢なケガレノナイ人でないと人は信じない

日曜日の今日も快晴。てか、雨って最近降ってないような。もうすぐしたら稲の準備をしなきゃいけないのに、このままだと雨乞いをしなきゃとか思いながら。

雨乞いの成功率は100%なんだという事を知ってます?雨を祈れば必ず雨が降るんだよね。

シャーマンでない私が雨乞いしても必ず雨を降らせる事ができるんだよ。なぜなら、雨が降るまで何日でも雨乞いをするからね。そのうちには必ず降るんだよ。

三国志の赤壁の戦いで曹操軍を敗退させた諸葛亮の戦略も同じような物で、その時期に風が変わるのを知っていて、それに合わせてそれらしく祈祷の真似事をしただけというのは有名な話だよね。

昨日たっぷりと休養したので、体調万全でお山へと思ったけど、暑いよ。25℃超えてるから汗がダラダラ。脱水にならないように水をガブガブ。更に汗がダラダラ。

ガブガブ、ダラダラを繰り返しながらも山頂飯。今日は悪魔のおにぎりで

天かすと麺つゆを混ぜただけのおにぎりなんだけど、なかなか美味しい。

天気は良いけど霞んでいて視界は良くないんだよなぁ。5キロほどしか視距がない感じ。

マジに雨もそろそろ降ってくれないと、空氣が乾燥してるし、黄砂ととかも飛びまくってて車は汚れるし、空気は気持ち悪いから、雨で洗い流してほしいよなぁ。

こんな時に雨乞いを頼むのは、私みたいなオッサンでなくて、若くて綺麗な巫女の方が良いと思うのは、なんとなく社会の共通認識じゃないかと。しかも、若くて綺麗な巫女は穢れの知らない処女でないと行かないと言うような共通認識が古代からあるように思うんだけど。

それって、今で言う恋愛禁止のアイドルという感じだったのかな?

てか、今のアイドル、、恋愛禁止だから穢れの知らない純真無垢な女の子って本気で信じてるのかな?

そういやー映画監督とかが、女優に作品に出たければ、、チョメチョメさせろよというのが最近の話題だけど、少し前は当たり前だったんだろうなぁ。

昔の巫女も穢れのないと言う建前でも、実は権力者の、、、だったんじゃないの?

そーいやー秋元ナントカさんの奥さんは、元おニャン子だよなぁ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました