スポンサーリンク

日本人はみんながしている事はやらなきゃ行けないと。韓国人は?

今日の天気は午前は曇りで昼から雨。

という事で午前中にお山へ⛰

曇りなのにいつもよりも登山者が多いような。高校生らしき10人程度のパーティーも。コロナ騒ぎで家に閉じこもるのも飽きて、施設よりもアウトドアを選ぶ人が多いのかも。

私は今日はなぜか息が上がり胸が苦しくなる。ちょくちょくと1分ほど立ち止まって休む感じ。献血で血が足りないから?赤血球と白血球が少ないからなのか。

体調がイマイチのようだ。心臓が弱いのか?いや、苦しいのは右の胸だしと。

また、痛いのではなく苦しいのはただ単に無意識にペースが上がってしまっていたためだけなのか?タイム的にはいつもと変わらないか少し遅いくらいだったけど。。

なんか気になるけど、コロナ騒ぎでの今は病院に行きにくい。病院に行ってなんと言えばいいのかもよくわからないし。

山頂では今日はうどんで

しかし、マスクして登山してる人もいたんだけど、何がしたいの?って感じ。マスク信奉者な感じで。

何度も書くけど、マスクはウイルスの予防にはほとんど意味がないんだよ。保菌者が咳や呼吸で空気中にウイルスを撒き散らかさないのには有効だけどね。それがマスクしなきゃ病気になっちゃうかのような強迫観念がある人が多いようだ。

また、オープンスペースで、しかも登山なんて、人と接触なんてしないから。つて感じ。

トイレットペーパーも今日もお店の棚は空っぽだったけど、少ないから自分も買わなきゃ行けないという心理なんだろうなぁ。なんだか誤った情報の信奉者が多いようで。

一昔前に流行った沈没船のブラックジョーク

日本人は皆んながしていたら自分もしなきゃ行けないと思うんだよね(笑)

 

■世界各国の人々が乗った豪華客船が沈没しかかっています。しかし、乗客の数に比べて、脱出ボートの数は足りません。したがって、その船の船長は、乗客を海に飛び込ませようとしますが…。さて、船長が各国の人を飛び込ませるために放った言葉とは何でしょう?

アメリカ人に対して・・・「飛び込めばヒーローになれますよ」

ロシア人に対して・・・「海にウォッカのビンが流れていますよ」

イタリア人に対して・・・「海で美女が泳いでいますよ」

フランス人に対して・・・「決して海には飛び込まないで下さい」

イギリス人に対して・・・「紳士はこういう時に海に飛び込むものです」

ドイツ人に対して・・・「規則ですので海に飛び込んでください」

中国人に対して・・・「おいしい食材(魚)が泳いでますよ」

日本人に対して・・・「みなさんはもう飛び込みましたよ」

韓国人に対して・・・「日本人はもう飛び込みましたよ」

 

なんだか昨今の韓国の対応がこのジョークで全て説明がつくからオモロイ。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました