スポンサーリンク

健診の時に体重計に乗るのが一番怖いオトメな私。

木曜の今日も清々しいほど朝からクソ暑い。

昨日の献血センターでヘモグロビン値が低かったから献血拒否られたのが尾を引いていて、朝から病人になった気分。カーテンを閉め切ってエアコンを付けて部屋の照明はつけずに薄暗くして書斎というか執務室というような部屋にこもってパソコンで動画見たりたかして大人しく午前を過ごしたら、まじで私は病人じゃないのか?と思い込み始めたんだよね。確かに血液検査の数値が献血を拒否られるほど悪いんだから、間違いなく病人なんだろうと。

では、病院で診てもらわねばと思ったんだけど、今はちょっとくらい調子が悪いくらいじゃ病院に行くな!と言う時代なんで、このまま病気が悪化していって孤独死して体が腐敗していくのが決定したのかと思ったり。

どうするベェかと考えて、とりあえず健康診断をしてみようと言う結論に。健康診断で再検査が出たら不要不急でなく病院で診てもらう口実が出来るかと思ってね。

私は事務所で協会けんぽに入っているから、協会けんぽの補助で健康診断が受けられんだよね。送られてきてた資料を探し出して確認したら、今年は付加健診というのも受けられるとか。11971円は実費で必要らしいんだけど、仕方ない。

てか、健康保険入って毎月の強制搾取してるんだから無料にしろよ!と思うんだけどね。

で、ネットで家から近くの健診をしてくれる病院をピックアップして電話してみたら、一週間半後で予約が取れた。

なんだか健診の予約が決まったから、急に病人モードのマインドが健康モードに変わって昼からクソ暑い中を山へ。

やはりクソ暑いから、登りは汗ダラダラで休み休みだったけど、山頂では気持ち良い風が吹いていい感じ。

この景色を眺めながら、手持ち温度計では37℃を示してたのに1時間弱ものんびりと。

湿度は50%程度だったんで、気温が高くても風が吹いて気持ちよかったんだよね。

 

健康診断ということは体重を測るんだよね?体重計に4年くらい乗ってないんだけど、、体重測るの嫌だなぁ。とオトメな私。

健診までダイエットして食べる量を減らさねば!←いや、マジに病気になるし!

コメント

  1. りき より:

    そんなに山登りしててそれ以上ダイエットしなきゃいけないのか?
    これはつらいな

    • たなおたなお より:

      たぶん健康体重なんだろうけど、乙女の心理として1グラムでも少なくしたいと(笑)

  2. りき より:

    女が勘違いしてるのは、やせてるからかっこいいんじゃなくて、骨格が細いけどちゃんと肉がついてるのがかっこいいの間違いだと思う。

タイトルとURLをコピーしました