スポンサーリンク

0℃の車中泊寒さ対策はシンプル

金曜日の夕方に出発した今回の車中泊の旅。

広島から下道を4時間かけて宿泊地の道の駅へ到着。

今回の道の駅 風の家は標高約500mと高い。標高が高いと言うことは夜は冷え込むと言うことで、今回は冬用の羽毛の寝袋と電熱ベストで寒さを乗り越えようと。

真夜中に目が覚めた時には若干寒いかなとと言う感じだったけど、凍えるほどではなく、寝袋のファスナーが少し空いていたのをキッチリと締め直した程度で暖かく眠れた。

電熱ベストは弱に設定して一晩で15000mahのモバイルバッテリーが残り50パーセントになる程度の消費。思ったよりも少ない。

翌朝の日の出時間に車の外気温計を見ると摂氏1℃だった。完全に真冬の気温だったけど余裕で生きているし。

前回の旅から導入した新アイテムが↓の単三電池3個のランタン。

DAISOで330円のやつ。550円のもっと明るいのもあったけど、電池の消費量が550円のは5時間、この330円のやつは10時間と倍違うので、5時間だと1日で電池が無くなりからとこちらにしたんだけど、十分満足。この330円のランタンと110円のUSBから給電する電球型の照明の二つで車内だとかなり明るい。

電池式とUSB給電式の違うタイプを用意した事で万が一の弾力不足に対応できるかと。←前にも書いたけど私は心配性なんで不測の事態の時の対処を考えてしまうんですよね。

そして今夜の晩御飯は激安スーパーで買った税込100円たこ焼きと1個50円の揚げ物。

スーパーに着いたのが夕方だったんだけど、お弁当とかは全て完売で福の少ない残り物を

ゲット。

この食後に、昨日書いたiPhoneが使えなくなった時間が起きて、ビビりながらもどうしようもないから、とりあえず寝る事にしたんだけどよね(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました