スポンサーリンク

旅5日目、海上自衛隊の航空隊基地にて

旅5日目の最後に回ったのが、海上自衛隊の航空基地である鹿屋航空基地にある資料館。

入館料は無料。予約も不要なんだけど受付の女性自衛官に名前と住所を聞き取りされて記載された。書かせずに聞き取りというのがなんとなく自衛隊って感じなのかも(笑)

航空自衛隊でなく海上自衛隊の航空隊は海軍航空隊の流れで、資料館では旧海軍での航空機研究を初めた時から、日露戦争以降の海軍航空隊の歴史を展示されてて、

当然、神風特攻隊のコーナーも。。

しかし、当時の軍隊というのは人に対して死んでこいと言える組織だったんだよね。そして遺書を残して飛び立った若者たち。武士の文化があった日本だから成り立った作戦なんだろうかな?考えれば考えるほど当時の軍部は頭が腐ってたんだろうなぁ。それが当時の当たり前の価値観だったんだろうけど。。

あとは戦後に米軍から飛行機を供与されて始まった海上自衛隊航空隊の歴史についての展示。

海難事故とかのレスキュー部隊は海上自衛隊航空隊のお仕事なんだよね。

辛坊治郎さんの一度目の時にレスキューしたのも海上自衛隊航空隊だったんだよね。あれは山口県の岩国基地所属の部隊だったんだよ。

資料館を後にして、今夜のお宿 道の駅えびのへ。途中で都城市のイオンでお買い物。大盛りの唐揚げが安かったんで買ってみた。

さすがに多すぎて、最後は胃もたれしながら食べ切ったよ(笑)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました