スポンサーリンク

大人の恋は静かだけど内面の激しさは。。

映画 マチネの終わりにを観てきました。

福山雅治と石田ゆり子主演の大人のラブストーリーと言う触れ込みで、観てみたいと。

福山雅治よりも、石田ゆり子の映画だと言う事で観たかったんですよね。

最近、石田ゆり子の演技は素晴らしく、いろんな作品に出てますが、主演はなかなか無いですしね。

ストーリーは、ハッキリ言ってシンプルそのもの。

バイオリニストの福山雅治と、たまたま出会った石田ゆり子が会った瞬間から引かれ合い、というところから話は始まります。

2人の間に緩やかに恋の時間が始まり。

緩やかだかで、情熱的な恋の始まり。

まさに大人が魅入る大人の恋のストーリー。

この作品は映画館で観る作品だと思いましたよ。

始めに書いたようにストーリーはシンプルです。それを流れる音楽とスクリーンの映像の美しさ、アップの演者の迫力の演技で作品に引き込まれていくんですよね。

石田ゆり子の演技はまさに圧巻でした。静かに激しい心の描写を演じ切ってます。

ほんとに美しい映画でした。

是非是非、観ていただきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました